神話辞典  文化地域  大項目  50音 

フレイヤ Freyja

>>関連項目一覧

北欧神話、エッダにでてくる美しい女神。その美しさゆえ巨人に狙われたり、 小人(ドヴェルグ) に宝物ブリーシンガメンと引き換えに 臥所をともにすることを要求されたりした。

金曜日をFridayとするのはフレイヤの日、またはフリッグ女神(オーディンの妻)の日 の意味。 ゲルマン系以外ではヴィーナスの日 venerdìとしている。
(そもそも1週間7曜日に惑星と神を割り当てているのは古代シュメール・バビロニアから 地中海地域へ移入したものであり、 金星女神[イシュタル]もその伝統で配されたものだろう)

フォールクヴァングというところに大きく美しい セスルームニルという館がありそこにいる。

「グリームニルのことば」では 「戦死者の半分を
彼女は日ごと選りとり
あとの半分はオージンのもの」
とある。

また「ギュルヴィの惑わし」によれば、 旅をするときは二匹の猫を駆って、車に乗るという。 高貴の婦人をフローヴァ(奥方)という尊称はフレイヤからきているという。

人間にとって祈願するのに最も近づきやすい女神であり、恋歌を好み、 恋愛のためにこの女神に祈願するのはよいことだという。

参考資料
中世文学集〈3〉エッダ;グレティルのサガ (ちくま文庫)
北欧神話 (菅原邦城:著 東京書籍)
エッダとサガ―北欧古典への案内 (新潮選書)
北欧神話と伝説 (グレンベック 講談社学術文庫)
北欧神話物語 (クロスリィ・ホランド:著)

 

関連項目一覧
ゲルマン、北欧 (文化地域)
ブリーシンガメン (物品)
セスルームニル (建物)

>> Page top

(C) 幻想世界神話辞典 - GENSO SEKAI Myth dictionary