アイテル (神 光 エーテル) Aither :幻想世界神話辞典
神話辞典  文化地域  大項目  50音 

アイテル Aither

>>関連項目一覧

アイテールとも。 ヘレネス(ギリシャ)神話の神。神統記ではエレボスとニュクスの子、他ではウラノスとガイアの子。ヘメレ[ヘメーラー](昼日)の兄。
アイテルの意味の訳は「灝気(高空の光と輝き)」「澄明」「上天」「天の光」等。エーテル etherの語源。
串田孫市氏の本ではアイテルとガイアの子ポントスがいる。

K・ケレーニイの本では、オルペウス教徒の伝承として、元初の世界でクロノスChronosからアイテルとカオスが生じ、 さらにクロノスとアイテルの間に銀の卵を産んで、 ここから息子パネースがうまれてた。

参考資料
ギリシアの神話 (神々の時代) (カール・ケレーニィ:著 植田兼義:訳 中公文庫)
ギリシア神話〉 (呉茂一:著 新潮文庫)
・神統記 (ヘシオドス著 岩波文庫)

 
関連項目一覧
ヘレネス[ギリシャ] (文化地域)
ガイア (女神:大地)
ニュクス (女神:夜)

>> Page top

(C) 幻想世界神話辞典 - GENSO SEKAI Myth dictionary