一期一振 (太刀 武器 豊臣秀吉) 一期一腰藤四郎 日本の神話・民話 :幻想世界神話辞典 :幻想世界神話辞典
神話辞典  文化地域  大項目  50音 

イチゴヒトフリ 一期一振 いちごひとふり

>>関連項目一覧

一期一腰藤四郎、一期一振の太刀とも。日本の歴史伝承の刀、太刀。「名物一期一振」。 粟田口藤四朗吉光作。豊臣秀吉が所蔵していたことで知られる。

粟田口吉光(通称、藤四朗)は短刀の名手としられ、彼がわずかに手がけた太刀のひとつ。 室町時代に吉光作の最高峰と みなされ、この異名がついたといわれる。現存する吉光作の太刀は再刃となったこの一口のみ。

室町幕府15代将軍足利義昭が秀吉の庇護を受けた見返りに贈ったという。 その時は二尺八寸六分(84.9cm)の長尺だったが、秀吉が60歳前頃命じて、 二尺二寸八分(約68.4cm)と打刀並の長さに磨り上げさせたという。
多くの名刀を蒐集した秀吉がとりわけ愛蔵した刀。自分の身の丈にあわせて 短くしたのではないかと専門家はいう。

現在は宮内庁に保管されている。

昭和14年発行の「日本刀」(本間順治著 岩波新書)に名物「一期一腰藤四郎 二尺二寸八分 御物」 とあるのは同じものだろう。

参考資料
名刀 その由来と伝説 (牧秀彦:著 光文社)
刀剣[カラーブックス175] (小笠原信夫:著 保育社)
[図解]武将・剣豪と日本刀 (笠倉出版社)
・日本刀 (本間順治:著 岩波新書)

 

関連項目一覧
日本 (文化地域)
日本刀剣 (大項目)
武器 (大項目)
豊臣秀吉 (日本:武将,太閤)

>> Page top

(C) 幻想世界神話辞典 - GENSO SEKAI Myth dictionary