ニライ・カナイ (死後の世界、あの世、楽土) 沖縄の神話・民話 :幻想世界神話辞典
神話辞典  文化地域  大項目  50音 

ニライ・カナイ

>>関連項目一覧

ニルヤ・カナヤとも。沖縄の神話、伝承における海の彼方の楽土、死者の国。

名前は「海の彼方にある根所(根の国)」の意。 ニライは、「ニ」(根)・「ラ」(地理的空間あらわす接尾語) ・「イ」(方位をあらわす接尾語)からなり、 根所方の意。八重山、宮古では海の彼方の世界をニーラと呼んでいた。古くはニーラ(根になる所) だった語に方位のイをつけたと考えられている。

文化的、歴史的な背景では 「祖先神のいる根所」が原義で、根所に安らぎ求める考え方から 死者の魂の行く所とされ、さらに生きている人に幸福豊穣をもたらすセヂ(霊力)の源泉地だとされた。 死者にまつわる場所ということで暗い地底、海底のイメージだったが、楽土として理想化され、 海の彼方の楽土と考えられるようになった。

参考資料
沖縄の神と食の文化

 

関連項目一覧
沖縄 (文化地域)
日本 (文化地域)
死の国、死後の世界、冥界 (大項目)

>> Page top

(C) 幻想世界神話辞典 - GENSO SEKAI Myth dictionary