神話辞典  文化地域  大項目  50音 

ソンゴクウ 孫悟空 sun wu kong*
*発音表記は標準話におけるものを参考までに記載。

>>関連項目一覧

孫悟空 中国の伝奇小説 「西遊記」にでてくる化け物猿。東勝神州のはずれの傲来という 島国の果ての、海の中そびえる花果山の頂きの石が、天地日月の精華を受けて孕んだ石の卵から 生まれた石の猿。

そのうち花果山の猿の王になるが、死ぬのを嫌って仙人のもとへ行き、 修行した。そこで仙人に名前と、72の変化の術、觔斗雲の術 を授かった。

名前は、猿のことを胡孫というので、そこからとって姓を孫(ソン)、名は門人が 広・大・智・慧・真・如・性・海・頴・悟・円・覧の12組からなっており、10番目だったので 法名を悟空(ゴクウ)とした。

術を身につけた悟空が花果山に戻ると、悪魔が猿たちを苦しめていたので、 これを退治した。この時使った分身の術は、体の毛を抜いて空に投げると2、3百の不死身の小猿となって 悪魔に襲いかかった。体毛、8万4千本のすべてが変化することができるという。

ここから孫悟空の大暴れが始まる。武器を求めて四海龍王の一人、 東海龍王のもとへ行き、如意棒(如意金箍棒ニョイキンコボウ) をせしめていく。

さらに天界では、西王母の桃を勝手にたらふく食べ、老子の薬も勝手にいただき、しまいには 神にしろと言った。釈迦に「右の手のひらから、ひと飛びで 飛び出せたら神にしよう」と言われ、觔斗雲の術で大空の彼方に飛び去り、 空の果ての5本の柱に落書きして小便をひっかけてきたが、それは釈迦の手の指だった。

悟空は信じられず、もう一度飛ぼうとしたが、5本の指が金・木・水・火・土の5つの山、 「五行山」となって悟空を押さえつけた。これで後に西天取経に三蔵法師がくるまで動けなくなった。

参考資料
西遊記 (岩波文庫)
仙界とポルノグラフィー

 

関連項目一覧
キントウン(觔斗雲) (西遊記:魔術:雲)
ニョイキンコボウ(如意棒,如意金箍棒) (西遊記:武器:棒)
中国 (文化地域)

>> Page top

(C) 幻想世界神話辞典 - GENSO SEKAI Myth dictionary