鵜丸 うのまる  [刀剣] 日本の神話・民話 :幻想世界神話辞典
神話辞典  文化地域  大項目  50音 

ウノマル 鵜丸 うのまる

>>関連項目一覧

日本の伝承、保元物語に出てくる太刀。白河院が御遊したおり、 鵜をつかった時、逸物と聞こえた鵜が水中より持ってきた剣、刀。 「定て霊剣なるべし。これ天下の珍宝たるべし」として鵜丸と名づけて秘蔵。院(法皇)の御剣、御幣太刀(おはかせ)。

鳥羽院がこれを伝えられて、院亡き後、新院・崇徳院に参らせたものを大きな戦を前に源為義に給わった。

参考資料

 

関連項目一覧
日本 (文化地域)
日本刀剣 (大項目)
武器 (大項目)

>> Page top

(C) 幻想世界神話辞典 - GENSO SEKAI Myth dictionary